前日までの準備

迷子対策や目的地までのルート確認

犬を清潔に

出発の一週間以内に、シャンプーをしてあげましょう。
シャンプーの翌日に大量の毛が抜けるなどしてしまう場合には、前日は避けてください。
ブラッシングやトリミングなど、宿泊先で毛が抜けるのをできるだけ予防するつもりで。

予防注射

旅行に限らずですが、当然各種予防注射はしてください。
宿によっては、混合ワクチン接種済証明書の提示が必要なところもあります。

シーズン(生理期間)をはずす

計画をたてる段階で考えなくてはなりません。
たとえ出血が少量であっても、他のオス犬が興奮してしまう場合がありますので、シーズン期とその前後一週間はできるだけ外してください。

迷子防止対策

旅先で迷子になっては大変です。遠くから自力で家まで帰ってきたという話はありますが、できればそんな苦労はさせたくないですよね。
迷子対策のグッズもいろいろとありますので、普段から用意しておきましょう。
迷子札、名前・アドレス付きの首輪、夜に光る首輪などがありますが、最近では、体内に埋め込むマイクロチップというのもあります。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html

 

また、犬笛の訓練をしておくと、人の声より遠くまで探せます。

目的地までの所要時間、休憩地の確認

ゴールデンレトリバー基本編にあるように、最低でも3時間に一度は休憩をいれてあげてください。
でもこれはあくまでも最低ライン。
ドライブが3時間以内であれば、途中に20分〜30分の休憩を一回。
3時間以上なら、一時間半に一度は休ませてあげたいところです。
また、渋滞を避けるために時間を考えるなど、いつも以上に余裕を持った計画が必要です。