犬の車への乗せ方や車酔い

便利な車での移動

車やはり便利なのは車での移動です。
旅行の前にやっておくことにも書いたとおり、
「車=楽しい」と、関連付けをして、子犬のうちから車に慣らすようにしましょう。
車を嫌がらなくなってからも、まずは日帰りで様子を見てください。

目的地について

せっかくわんちゃんとおでかけするなら、犬も楽しめるところがいいですね。

自然がいっぱいの場所や、リードを外せるような場所があれば、わんちゃんも喜びます。
また、いくら車に慣れた犬であっても、長時間車に乗りっぱなしでは疲れます。
目的地までの休憩場所や、水を飲ませることができる場所があるかなど、
事前にチェックしておく必要があります。
最低でも3時間おきに休憩するようにしてください。

ドライブインでのマナーと注意

ドライブインでトイレ休憩は必須ですが、いくらビニールでつつんでいたとしても、
ワンちゃんの糞をゴミ箱に捨てるのはマナー違反です。
他の車にも十分気をつけましょう。
人があまり来ない土の場所を探して、散歩させてあげるのも忘れずに。
人の多い場所で繋いで待たせるのはやめましょう。

車の中での注意

車助手席にワンちゃんを乗せるのは厳禁。
ブレーキのある足元にもぐりこんだり、ドライバーの邪魔になる可能性があります。
車は密室。犬と乗るときはタバコは控えてください。吸い殻もチェック。
たとえ冬でも空気の入れ替えをこまめにしてください。
少し窓をあけておくと、風が入って犬も気持ちいいですが、顔を出さないように注意です。
ワンちゃんが自分でパワーウィンドウを開けてしまうことも考えられるので、必ずロックしてください。

 

小型犬の場合

後部座席で抱いて乗るのが理想です。
いくら小さくても、運転席で抱えることは止めてください。思わぬ事故に繋がります。
ワンちゃんと2人の場合には、必ずゲージに入れてください。

 

大型犬の場合

まず、車はワゴンタイプの方がいいです。後ろにスペースを用意して、
いつもそこに乗せる習慣をつけ、自分の位置なんだと覚えさせましょう。
乗用車の場合は、後部座席にタオルをしいて座らせます。
リードでしっかりと固定してください。
後部座席にいっしょに乗る人がいない場合には、犬用のシートベルトもいいでしょう。

車酔いについて

車に慣れた犬であっても、山道を走ったりすると酔うこともあります。
できるだけ急発進や急ブレーキなどをしないように気をつけて、安全運転をこころがけましょう。
休憩であまりおやつをあげないようにするのも、酔いやすい犬の場合には効果があるでしょう。当日は食事を抜いたり、獣医師に酔い止めの薬を処方してもらっておくのもいいですね。
酔ってしまったら、できるだけ早く緑の多い場所などで休憩させましょう。
間違っても人間用の酔い止めの薬を与えないようにしてください。

車から降りるとき

意外と危ないのが、車から降りるときです。いきなりの飛び出しを防ぐためにも、リードをつけて、しっかりと握ってからドアを開けてください。

車内に残す場合は

犬を車内に独りで残すのは極力避けるべきですが、どうしてもやむをえない場合には、換気のためにすべての窓を少しだけ開けておきましょう。