愛犬と旅行するなら

宿ではどう行動する?

柴犬泊まりで出かける場合、宿にお世話になります。
しつけがしっかり出来ていないと、他のお客さんにも迷惑をかけてしまうので、まずはしつけができていることが最低条件です。
トイレのしつけ、無駄吠えしない、留守番ができる、他の犬を攻撃しないなど。
他にも宿のルールを守れる自信がなければ、残念ですがまだ止めておいた方がいいかもしれません。
また、ルールやマナーをもとめられるのはワンちゃんだけではありません。飼い主もです。
自分以外の人間みんなも犬好きだと思わずに、苦手な人もいるんだということを心にとめて、心配りができるように気をつけましょう。

チェックインの前に

宿についたら、汚れた足をキレイにしてから上がりましょう。
宿によってはワンちゃんの足洗い場がある場合もあります。
無い場合には、濡れたタオルなどでしっかりと足を拭いて、雨の日などには身体もしっかりと拭きます。宿のルールの確認も重要です。

部屋に入ったら

リラックスする犬まずはワンちゃんの居場所、トイレスペースを確保してあげます。
いつも使っているお気に入りのタオルなどがあれば、それを敷いてあげるといいですね。
普段と同じニオイに囲まれると、だんだんと落ち着いてくるでしょう。
ベットに犬があがっていい宿もありますが、そのときでも持参したシーツを敷くようにしましょう。
抜け毛の多い犬の場合には、床もシーツで覆ってしまえば、後の掃除が楽です。
Tシャツを着せて毛が飛び散るのを抑えるのも効果的。
部屋に慣れるまでは必ず一緒にいてあげてください。

 

食堂に連れて行ける場合

食堂に同伴OKの宿の場合には、先に犬の食事を済ませておきます。
足元で待たせる場合、持参したシーツなどを敷いてやるとおとなしく待っていてくれるでしょう。もちろんしつけておかなくては無理ですが。
自宅では人間用の食器も舐めさせていたとしても、宿では止めましょう。

 

部屋に残す場合

食堂やレストランに連れて行けない場合には、部屋においていかなくてはなりません。
小型犬ならケージに入れて留守番させます。
大型犬は、リードの長さを調整してしっかりとつないでおきましょう。

ウロウロさせない

宿の中を犬だけでウロウロと一人歩きさせてはいけません。
立ち入り禁止のキッチンや、他人の部屋などに勝手に入っていってしまっては大変です。
また、宿によって犬の入れる場所は違うので注意が必要です。
宿の中ではいつも一緒にいるようにしましょう。

鳴き止まないときは

環境が変わって、普段はおとなしいのに興奮して吠え続けてしまう場合があります。
できるだけ室内でも外でも一緒にいてあげましょう。
食事などで部屋に残さなくてはならないときには、部屋よりも自分の車に入れておく方が
安心します。夜は疲れて早く眠るように、昼間はおもいっきり遊ばせましょう。

チェックアウトの前に

いくらペットOKの宿といっても、散らかし放題で帰るのはマナー違反です。
来る前よりもキレイにするくらいの気持ちで、軽く掃除しましょう。
ワンちゃんの居場所はガムテープや粘着ローラーで抜け毛も掃除します。
部屋を出る前に消臭スプレーを。
犬の宿泊を受け入れてくれている宿の気持ちをがっかりさせないように気をつけましょう。