ホテル、宿泊施設の下調べ

宿泊できる条件などに注意

部屋ワンちゃんとの旅行を成功させるには、しっかりとした計画が必要です。
ホテルや旅館などには、宿泊できるペットの条件を設けていることがほとんど。
予防接種はもちろんですが、トイレのしつけができていること、無駄吠えをしないことなどが一般的な条件です。
また、中型犬以上は宿泊を断っているところなどもあります。
ペット連れでない宿泊客もいますので、きちんとルールにのっとって行動しましょう。

宿泊先は犬のことを第一に考えて

犬に要望を聞くことはできないので、自分がワンちゃんの気持ちになって考えましょう。
宿泊先は、できればペットと泊まることが想定されているところの方が安心です。
どんな設備があるのか、最近ではインターネットで手軽に調べられるので、設備や口コミなどを検討材料にしましょう。

犬種による注意点を考える

ダルメシアン犬種によって性格に特徴があります。
また、ワンちゃんの個性も加味して、旅行の計画をたててあげるといいでしょう。
犬種によって気をつけるポイントが少し変わってきます。
小型犬は盗難に気をつける必要がありますし、狩猟をしていたような犬種は、小動物を捕まえてしまうかもしれません。
自然の中で動物を追って迷子にならないとも限りません。
ブルドックなどは暑さや寒さによわいので、普段より長時間外に出る場合など、気をつけてあげましょう。

宿の予約

電話インターネットや雑誌などで宿のことを調べたからといって、そのまま鵜呑みにしてしまうのはいけません。
雑誌では情報が古いことも考えられますし、個人のブログなどでは、間違いや勘違いもあるかもしれません。
かならず宿に直接電話して、細かい宿泊条件などを聞きましょう。
行ってからこんなはずじゃなかったと思っても、困るのはワンちゃんです。
初めての旅行なら、宿の人に正直に伝えて、相談に乗ってもらいましょう。
必要なものや、気が付かなかったアドバイスがもらえるかもしれません。
聞いておきたい事は、具体的には、館内ではリードをつけるのか、食事中はどこで待たせるのか、同じ日に泊まる他の犬の種類、エアコンの有無、犬を連れて遊びにいけるいい場所があるか、などが考えられます。